婚活というと、まず相手への希望や条件を出し、そこをクリアした人を見つける、と思っていませんか?
それにこしたことはないのですが、それではなかなか結婚にたどりつけません。

 

・自分のアピールポイントを知る
それよりも自分のアピールポイントを知ってアピールする方が早くまとまります。
あなたが提示した良さを気に入って会って欲しいと言われた場合、あなたの方に主導権があります。
そういう出会い方を求めるには、結婚相談所がいいでしょう。

 

お医者さんの集まる合コンや、年収1000万円以上の男性限定の婚活パーティーなど、結局選ぶのは男性となるでしょう。
出会いの時点でイニシアティブを取られている、という訳です。
仮にそこで結婚できたとしても、よっぽど交際期間中に相手を夢中にできない限り、結婚生活もあなたに主導権はないでしょう。

 

・友達からいい人を紹介してもらうのもおすすめ
また、友達の紹介という方法も、相手の人となりがよくわかるのでおすすめです。

 

結婚に求めるものは恋愛に求めるものとは別物だということも、自覚しておく必要があります。婚活では常に結婚後の生活を想像して、大丈夫と思える相手を選びましょう。
今さえよければいい、と思える恋愛の延長の結婚は希です。
恋愛結婚といっても、ダラダラ続いてなんとなく、とか子供が出来ちゃってとか言う場合も多いでしょう。
夢のないことを言うようで申し訳ないのですが、いかに割りきれるかも婚活のポイントだと思います。