誰かと支え合って人生を歩むのは素晴らしいです。
お互いにできないところを補い合って、さらに豊かな人生になります。

 

現代の女性にとって結婚の最も悩むところは、仕事と家事の両立だと思われます。
現在の仕事にやりがいや生きがいを持って取り組んでいる方ほど、結婚によってライフスタイルや住まいの場所が変わることに抵抗を感じます。

 

残念ながら日本は男性の家事をする意識も、家事や子育てをサポートする社会のシステムもヨーロッパに比べて50年ほど遅れていて、女性が結婚後も働ける環境が整っているとはいえません。
産休育休も、介護休暇もごく一部の大企業や優良企業の恵まれた方が享受できるのみです。

 

その現実を踏まえても、やりがいのある仕事を退職しても、この人となら一生添い遂げられるかもという出会いがあったなら、結婚という新しい世界に飛び込んでみてはいかがでしょう。

 

結婚前の仕事にやりがいや生きがいを見つけられたあなたなら、結婚生活や家事や育児、その後の再就職先でも必ずそれらを見つけ出せます。

 

女性が20代30代で働いているときは体調も体力も良好ですが、40代50代になると予想できない体調の変化がおきる場合があります。
外で働き続けるというのは男性の体と体力だからこそできる部分があります。

 

女性であることとご自身の体を大切に、結婚を考えていただきたいと思います。